昼間のトイレはOKでも、夜のおねしょはまだ卒業できないってお子様、多いですね。
昼間のトイレと夜のおねしょは全く別物。体の機能が整ったらできるようになるから…なんて言われますが、毎回布団を濡らされたらたまったもんじゃないですよね(笑)。

おねしょしても布団が濡れないケッ

布団が濡れると後始末が大変なので「夜だけオムツを履かせてる」というママ友も多いのですが、幼稚園にもなると「オムツ」というのが子供にとって屈辱的なものになっていくらしく、「オムツは嫌!」と言い出したりもします。
そんな時、オムツを履かせなくてもおねしょで布団が濡れにくくなる秘密兵器を発見しました。

その名も【消臭効果のあるおねしょが浸みにくいケット 】です。

タオルケットとして腰に巻くだけだから、子供も気にならない!

この「おねしょがしみにくいケット」は、タオルケット代わりに、こんな風にお子ちゃまの腰にクルリと巻いてあげまして、

股の下でホックをパチンととめると、おもらししちゃっても、タオルケットがおしっこを受け止めてくれて布団までは浸みないよ、という優れものです。

肌に触れるところには、フワフワの綿でできているから肌触りは抜群。
でも外側の布は防水シートが入っているから、おしっこを外に出しません。

DSC_2461

実際のところ、洪水のようなおもらしをしてしまったら、足からつたって多少は布団が濡れることがあるかもしれないですが、被害は最小限に治まるはず。
妹ちゃんが通う幼稚園の園長先生がおっしゃるには、「子供がオムツは嫌!と言ってるのに無理やり履かせたらだめ」「子供の自尊心を傷つけて、かえってオムツから卒業できなくなっちゃうよ」とのこと。

子供の自尊心を傷つけず、布団も濡らさないようにもできる、この【おねしょが浸みにくいケット】って、子供にもママにもやさしい商品かも、と思ってしまいました。

ベビーサイズから、幼稚園の子供用まで

実際に見せていただいたのは、丈が短いベビー用でした。
調べてみたら、丈が長いものから、ズボンタイプのものまでたくさんラインナップされているようです。
「とっても良く売れてます」と担当さんがおっしゃっていたので、みなさんお困りごとはいっしょなんだな、と思ってしまいました♪。

寝ながらよく動く子供にはズボンタイプがおすすめ。

>>おねしょが浸みにくいケット(ズボンタイプ)

このほかのタイプは公式HPでご確認くださいね~。

おねしょケット一覧はこちら